Webサイト、ブログを運営する際に設定することになるドメイン

ブラウザを使っていろいろなWebサイトを閲覧するとき、アドレスバーのURLになにやらいろいろ表示されていますが、この一部がドメインと呼ばれるものです。

特にアフィリエイトや、ビジネス用にWebサイトを運営するときは必ず使った方がいい理由があります。

今回はそんなドメインについて解説していきます。

記事の内容
  • ドメインとは
  • ドメインが必要な理由
  • URLのパーツ
  • ドメインを買う方法
  • ドメインを無料で手に入れる方法



ドメインとは

ドメインとは簡単に言ってしまえばインターネット上の住所です。

○○○.com」といった形式で表現されます。

たとえばこのサイトのURLは「https://rentalserverlab.com/」ですが、「rentalserverlab.com」の部分がドメインと呼ばれるものです。

現実世界だと住所がわかればその建物、家にたどり着くことができるように、インターネット上でWebサイトにたどり着くために必要な情報がドメインです。

自分の好きな名前のドメインを取得できますが、一意である必要があるため、他の人が既に使っている名前のドメインを取得することはできません

正しく言うと、IPアドレスが本当の住所ですが、数字だけだと人間が覚えることが難しいため、わかりやすいように文字列と日も付けたものです。

(例)○○○.com = 123.123.123.123

ドメインが必要な理由

ドメインが必要な理由は結論を言うと多くの人にWebサイトを見てもらえる可能性が高くなり、さらにそれが資産になるからです。

以下に理由を記載します。

1.覚えやすい

ドメインはサイト名の文字列を設定することができるため覚えやすくなります。

ブログをはじめるとき、無料ブログであれば、○○.fc2.comのような各サービスのサブドメインをもらうことができます。

レンタルサーバーでも同じように、そのサービスのサブドメインをもらうことができます。

この場合、ドメイン名にレンタルしているサービスの文字列が入ることになります。

余計な文字列が入った、○○.fc2.comよりも、自分で取得した○○.comの方が断然覚えやすいです。

2.信頼性がある

レンタルしているサービスのドメインを使用している場合、無料のブログであることや、レンタルサーバーの初期設定のままであるといった理由で、Webサイトに掲載されている情報が、ユーザーから信頼性がないと判断される場合があります。

自分のドメインを持っている方が信頼性が高くなります。

3.資産になる

以外と知られていないですが、ドメインには価値がついていきます

質の高い記事を投稿していき、ユーザーが多く訪問してくるとGoogleからの評価が上がっていきます。

この価値はドメイン自体についています。

ドメインの価値が上がると検索順位があがり、さらに多くのユーザーがWebサイトを訪問してくれる可能性が高くなります。

これについて気をつけないことが以下のような場合です。

例えばサブドメインでブログを運営していましたが、そのサービスが終了することになり、別のサービスにブログを移転しなければならない場合。

この時、ブログを運営していてサブドメインに付いた価値は消えてなくなり、検索順位を上げたりするにはまたイチからやり直さなければいけません。

このような場合を考えると、はじめから自分のドメインを取得してWebサイトを運営することで、努力が水の泡になることを防ぐことができます。

FQDNとは

FQDNはドメイン名だけでなく、ホスト名とドメイン名を組み合わせた名称です。

ホスト名はサーバーの名前のようなもの。

Webサーバー、メールサーバー、ftpサーバー・・・、用途ごとにいろいろなサーバーがありますが、Webコンテンツを提供する基本的なサーバーはWebサーバーです。

Webサーバーはホスト名で「www」とあらわされます。

このホスト名と、さきほどのドメイン名をあわせ、www.○○○.comと表記したものがFQDNです。

住所と人まで指定した情報がFQDNとイメージするとよいかもしれません。

URLのパーツ

例えば以下のようなURLのWebサイトがあったとします。

http://www.sample.com/page01

この場合、ここまで解説したFQDNやホスト名などふまえ、URLのパーツは以下のようになります。

httpsで暗号化した通信方法で、www.sample.comというサーバーに接続して、page01というページを表示しますよ、よいう意味になります。

ドメインを買う方法

ドメインは事業者から購入する必要があります。

1年単位など、期間ごとの料金を支払って購入することができます。

ドメインを売っている事業者はレジストラと呼ばれます。

日本で有名なレジストラはGMOインターネット株式会社です。

企業名だけ聞くとぱっと思い浮かばないかもしれませんが、「お名前.com」というサービス名でドメインを取り扱っています。

Web上で広告が多く掲載されていたりするので、こちらの名称は聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。

日本におけるシェアはなんと90%以上です。

他にもレンタルサーバー事業者であるXSERVERさくらインターネットでもドメインの取り扱いがありますが、安くドメインを取得するのであれば間違いなくお名前.comがよいと思います。

まとめ

以上、ドメインとは何か、ドメインが必要な理由などを解説しました。

POINT
  • ドメインとは:インターネット上の住所
  • ドメインが必要な理由:多くの人にWebサイトを見てもらえる可能性が高くなり、さらにそれが資産になる
  • ドメインを買う方法:お名前.comで購入する

ドメインはWebサイトを作るとき、必ず取得することをオススメします。

はじめはやや手間に感じるかもしれませんが、前述したようにドメイン自体に価値がついていくこと、何より自分の好きな名前のドメインを持ったWebサイトを作ることができるのはとても楽しいことだと思います。

Webサイトを作るときにぜひ自分のドメインを設定してみてください。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です