安くて速いレンタルサーバーだったmixhostが2017/12/05にプランリニューアルと機能アップデートを行いました。

今まで一番安いプランは「エコノミー580円(3ヶ月契約)でしたが、これがなくなり、「スタンダード880円(36ヶ月契約)に変更となりました。

※ちなみに「スタンダード」は期間が一番短い3ヶ月契約だと1,380円なので少し高め。

今回はリニューアルしたmixhostの特徴オススメする利用シチュエーション、他社レンタルサーバーの特徴を比較し、解説していきます。

リニューアルしたmixhostの特徴

mixhostは2016年4月に設立されたアズポケット株式会社という企業が提供するレンタルサーバーのサービスです。

リニューアル前のmixhostの特徴は「安くて速いクラウド型レンタルサーバー」という感じでした。

一番安い「エコノミー」プランで月額が580円で、XSERVERと比較すると半額くらいなので手が出しやすく、初心者にオススメのレンタルサーバーでした。

今回のリニューアルでその安さがなくなった代わりに、速度機能安定性を重視したようで、ポイントが少し変わりました。

リニューアルされたプランはコチラ。

リニューアル後のmixhostは一言で表すと「クラウド型でLiteSpeedの速度が売りのレンタルサーバー」といった感じです。

mixhostの特徴をあらためて以下にまとめます。

mixhostの特徴
  • 1.LiteSpeed
  • 2.QUIC
  • 3.独立したサーバーリソース
  • 4.プラン変更

1.LiteSpeed

リニューアル前からの特徴になりますが、高速なWebサーバーであるLiteSpeedを日本で初めて導入しています。

何と比較して高速かで言うと、一般的なレンタルサーバーにはapacheというWebサーバーが使われていますが、これより断然速いです。

かつLiteSpeedはapacheと設定ファイルなどの互換があるため、apacheと同じような感じで使うことができます。(.htaccessの設定とか)

2.QUIC

これは2017/12/5のリニューアルで導入されました、クイックと読みます。

HTTPSでのアクセスを高速する仕組みで、今までのTCP&TLSといったプロトコルではなく、UDPをベースにGoogleが作ったプロトコルです。

簡単に言ってしまうと暗号化通信を多重でするから速いよ!という仕組みです。

LiteSpeedとQUICを組み合わせて使っているレンタルサーバーは日本では他になく、高速なレンタルサーバーを目指した機能になっています。

3.独立したサーバーリソース

こちらも元からですが、mixhostはサーバーOSにCloudLinuxというOSを使っています。

一般的なレンタルサーバーはサーバーリソースを複数のユーザーで共有しているため、他のユーザーのサイトが高負荷になると自分のサイトも影響を受けたりするのですが、mixhostはCloudLinuxでサーバーリソースを制御しています。

ユーザー毎に利用できるリソースが制御されているので、他のユーザーの影響を受けず安心して使うことができます。

4.プラン変更

最後は、これも元から実装されている機能ですが、プラン変更です。

レンタルサーバーは一度契約すると簡単にはプラン変更できないことが多いです。

プラン毎にディスク容量や使えるデータ転送量が決まっているので、もしデータを入れすぎてディスク容量が不足したり、アクセスが増えてデータ転送量が不足したりすると困ることになります。

そんな場合、mixhostだと簡単に上位プランに変更できるため、最初はスモールプランで契約して、データやアクセスが増えたらプランアップするといった使い方ができるので安心です。

まとめ

以上がリニューアルして安価なプランはなくなりましたが、別路線となったmixhostについての解説でした。

SNSを見ていると、「値段が上がったからやめよう」といった反応もありました。

確かに今回のリニューアルでは利用する層がちょっと変わったかなという印象です。

でもそれに伴ってディスク容量も増えているので一概には言えないかと思います。

LiteSpeed&QUICの組み合わせのレンタルサーバーは他にないので、おもしろいと思いますし、品質が高くなれば値段もそれ相応に高くなるのが普通なのではないかなと思います。

なので結論としては、お試し的な感覚でオススメするサーバーではなくなりましたが、きちんとWebサイトを作りたい人に向けては、リニューアル前よりもオススメなレンタルサーバーになっていると思います。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です