【かんたん解説】レンタルサーバーとは|画像付きで基礎知識をわかりやすく解説(共用サーバー|VPS|ドメイン|SSL)

レンタルサーバーとは|画像付きでわかりやすく解説 サーバー&WordPress

このページでは、レンタルサーバーについての説明を画像付きでまとめています。レンタルサーバーの種類である共用サーバー、クラウドやVPS、専用サーバーの違いついても解説しています。

WebサイトやWebサービスを提供する際に利用するレンタルサーバーについて、初心者でもわかりやすいよう解説していきます。レンタルサーバーを利用する際に必ず一緒に設定が必要なドメインとSSLについても少しふれて説明をしていきます。

ぼんやま
ぼんやま

画像や例えと一緒にわかりやすく解説していくよ!

サーバーとは

レンタルサーバーとは|サーバーとは

サーバーとは、クライアントからのリクエストに応えてデータを提供するコンピュータのことです。ここでいうクライアントとは、私たちが普段使うスマホやノートPCなどの端末のことです。インターネット上にあるデータはクライアントの端末上に保持されているわけでなく、サーバー上に保持されていて、クライアントはブラウザなどのツールを通してサーバーにリクエストを送り、サーバーからデータを受けとり表示をします。

サーバーは複数のクライアントからアクスされるため、基本的には私たちが日常生活で使用しているパソコンよりも高性能、高価なものになっています。また、データセンターというサーバーやネットワークリソースを集約した環境内で運用されるのが主で、データセンターでは大量のサーバーが運用されています。

レンタルサーバーとは|サーバーは高価

レンタルサーバーとは

レンタルサーバーとは|レンタルサーバーとは

レンタルサーバーとは、サーバーを持っている事業者が、そのリソースをユーザーに貸し出すサービスのことです。サーバー自体(物理的なマシン)は個人で買うには高価かつオーバースペックです。そのサーバーを複数の人でシェアして貸し出すことで、個人が安価にサーバーを使うことが出来る仕組みがレンタルサーバーです。

レンタルサーバーは賃貸物件に例えるとイメージしやすいかと思います。

レンタルサーバーとは|レンタルサーバーのイメージ

レンタルサーバーを提供する事業者は不動産屋サーバーはマンションやアパートに例えられます。レンタルサーバーはその中の一室を貸し出すイメージです。また、レンタルサーバーを利用する際に同時に取得するドメイン(URL)は、賃貸物件でいうと住所のようなものです、手紙の受け渡しをするのに必要な情報です。インターネット上の通信は手紙のように外側から読める状態にしておくとセキュリティ上よくないので、封筒に入れて見えなくする仕組みがSSL(暗号化)だとイメージしましょう。

レンタルサーバーは他のユーザーとシェアしてサーバーを利用するため、他のユーザーの利用状況によっては何らかの影響を受ける可能性があるのがデメリットですが、各サービスはその影響が極力でないようリソースのコントロールを行っています。

レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーは一般的に共用サーバーを指して使われることが多いですが、本来はクラウドやVPSなどのシェアしてサーバーを使うサービス全体を指して使う単語です。ここからはレンタルサーバーの種類を解説していきます。

共用サーバー

レンタルサーバーとは|共用サーバー

共用サーバーはひとつのサーバーをシェハウスのように使う形式のサービスです。ユーザーごとディスク領域を分けて利用し、他のユーザーのファイルはアクセスできないようセキュリティは担保されていますが、CPUやメモリなどのリソースは基本的には共有されていて、他のユーザーの利用状況によっては影響を受ける可能性があります。

PaaS(Platform as a Service)とよばれるサービスの一種で、OSやミドルウェアの管理は事業者が管理しているため、ユーザはシステム的な管理は気にせずWebサイトやメールアカウントの運用などができます。

WordPressブログやWebサイトの運用は共用サーバー(=レンタルサーバー)のサービスを使うのが主流で、国内ではConoHa WINGXSERVERLOLIPOP!などのサービスが提供されています。月額制で、月1,000円前後から利用することができます。

クラウド・VPS(Virtual Private Server)

レンタルサーバーとは|クラウド・VPS

共用サーバーと比較すると、1台のサーバーを共有して利用するのは変わりませんが、ユーザーごとにCPUやメモリなどのリソースが分けられているため、他のユーザーの影響を受けることがなく専用サーバーと同じように利用することができます

IaaS(Infrastructure as a Service)と呼ばれるサービスの一種で、OSやミドルウェアの管理もユーザーが行う必要があり、root権限を持ったユーザーを利用できるため自由にカスタマイズを行うことができます。レンタルサーバーのように細かな機能を提供するコントロールパネルはなく、コンソールからコマンドを打って設定を行う必要がある技術者向けのサービスです。

Webサービスやアプリケーション開発、好きなアプリケーションをインストールして運用する用途が主流で、VPSはさくらのVPSConoHaなどの国内サービス、クラウドはAWSGoogle Cloud PlatformMicrosoft Azureなどの海外サービスが提供されています。

VPSはクラウドほどリソースが柔軟に設定できませんが安価で月額制で使えることが多く、クラウドはリソースが柔軟かつ多くのオプション機能が提供されていますが、従量課金制で使い方によっては高額になる可能性があるサービスです。

専用サーバー

レンタルサーバーとは|専用サーバー

共用サーバー・クラウド・VPSはサーバーを複数のユーザーで共有しますが、専用サーバーは物理サーバーをまるっとひとつ占有して使うことができます。専用サーバーを抱きぼなひとつのコンピュータとして利用することもできますし、専用サーバーを借りたユーザーが他の複数のユーザーにリソースを共有することもできます。

サーバーを占有できるためセキュリティ面ではクラウドやVPSより優れているため、法人でセキュリティが厳しい場合や、リソースをすべてコントールしてサービスを提供したい場合などで利用されることがります。

専用サーバーは個人で利用することはほぼなく、月額制で数万~数十万単位と高価になります。さくらの専用サーバーやKAGOYA、GMOクラウドなどの国内事業者がサービスを提供しています。

まとめ

以上がレンタルサーバーの定義や仕組みについてのまとめでした。レンタルサーバー(=共用サーバー)の使い道や国内主要サービスの詳しい解説については以下のページにまとめています。

タイトルとURLをコピーしました