ブログやWebサイトを運営する時、そのサイトをSSL化することを検討すると思います。

サイバー攻撃の件数は年々増えていて、セキュリティ対策されていることが以前よりも重要視されています。

今回はセキュリティ対策であるSSLの役割や、SSLを設定した際のメリットについて解説していきます。

記事の内容
  • SSLとは
  • SSLとHTTPS
  • SSLをサーバーに設定する方法
SPONSORED LINK

SSLとは

まずは、SSLを設定すると何ができるか。

SSLを設定したサーバーは、高いセキュリティで通信することができる安全なサーバーになります。

SSLとはインターネット上での通信を暗号化することのできる仕組みです。

例えば通販サイトで買い物をするときに、氏名や住所、支払い情報を入力します。

SSLが設定されていないサイトだと、ここで入力した情報がそのままインターネット上に流れることになるため、悪意のある第三者によって情報を盗まれ悪用される可能性があります。

暗号化されていれば入力した情報を他の人に見られることを防ぐことができます。

より正確にいうとデータの改ざんや、なりすましを防ぐ役割もあります。

SSL化されているサーバーはユーザーにとって安全なサイトと認識されるので、イメージ向上にもつながります。

また、SSL化されているサイトはGoogleにおける評価が高くなり検索順位が上がりやすくなるメリットもあります。

SSLとHTTPS

簡単に言ってしまうとSSLが暗号化の仕組みHTTPSはSSLを使った通信の仕組みです。

HTTPというのがもともとHTMLなどのコンテンツをやりとりする通信の仕組みです。

これをSSLを使って暗号化通信を実現する仕組みがHTTPSになります。

SSLをサーバーに設定する方法

サーバーにSSLサーバー証明書を設定することで、サーバーをSSL化することができます。

SSL証明書は購入するか、無料SSL証明書を導入するかの2パターンの方法で設定することができます。

SSLを設定したいドメインを入力して申し込めば、SSLサーバー証明書が発行され、WebサイトがSSL化されます。

安いもので年額1,500円くらい、高いものだと数万円しますが、数万円するような証明書は企業が導入することが多いです。

値段によってセキュリティや、信頼性の度合いが変わってきます。

以前はSSLサーバー証明書というと購入するしか取得する方法がありませんでしたが、最近は無料で利用できるSSLも出てきました

レンタルサーバーではXSERVER、さくらのレンタルサーバー、Lolipop、mixhostなどが無料SSLを提供していて、他のサービスもこれからどんどん無料SSLを展開していく流れに見受けられます。

個人利用の場合、まずはこの無料SSLを使えば問題ないと思います。

ちなみにこのサイトはXSERVERの無料SSLを利用しています

XSERVERの無料SSLなら、サーバーにドメインを登録するときに、オプションにチェックを入れるだけで簡単に設定できます。

以下のXSERVERのサイトから無料SSLの詳細を見ることができます。

まとめ

SSLについてここまで解説してきました、セキュリティの向上や検索順位のアップを考えるとSSL化は必須と言えるでしょう。

POINT
  • SSLとは:通信を暗号化する仕組み
  • SSLとHTTPS:SSLは暗号化の仕組み、HTTPSはSSLを使った通信の仕組み
  • SSLをサーバーに設定する方法:SSLサーバー証明書を購入、もしくはレンタルサーバーに備わっている無料の機能で設定する

月額料金を支払ってもよいと思いますが、無料のSSLはやはりお得で簡単に設定できるので、まずは無料SSLからはじめるのがよいかと思います。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です