WordPressを使ってWebサイト、ブログを立ち上げたときに、twitterなどのSNSシェアリンクや、SEO対策をする方法をどうするか悩むのですよね。

こういった細かい機能はWordPressプラグインがだいたい用意されていて、使いたいプラグインを選んでインストールすれば簡単にすぐ使えるようにできています。

これがWordPressのいいところのひとつだと思います。

しかしいざプラグインを見てみると、数が結構多いのと、どれを入れておけばいいのかイマイチわからないことも多いかと思います。

今回はそんな方のために、プラグインの入れ方と、入れておくとオススメなプラグインを紹介したいと思います。

記事の内容
  • プラグインのインストール方法
  • 5つのオススメプラグイン
SPONSORED LINK

プラグインのインストール方法

プラグインを使うには、使いたいプラグインをインストールする必要があります。

プラグインはWordPressの管理画面で検索、インストールすることができます。

WordPressの管理画面の左メニュープラグインインストール済みプラグインをクリックすると、今インストールされているプラグインの一覧を見ることができます。

新規追加をクリックすると、WordPressで使うことができるプラグインを検索することができるので、検索バーに使いたいプラグインの名前を入力して検索します。

使いたいプラグインが見つかったらインストールボタンクリック。

インストールが完了すると、有効化ボタンが表示されるので、これをクリックするとプラグインを使うことができます。

5つのオススメプラグイン

1.ページの表示を高速化!WP Super Cache

まず一番に入れておきたいのがWP Super Cacheです。

簡単に言うとページの表示を高速化してくれるプラグインです。

ページの表示速度が遅いとユーザーが離脱する可能性が高くなりますが、このプラグインでそれを回避することができます。

WordPressは記事がデーターベースで管理されているため、ページを表示する時にPHPで処理して、データベースからデータを持ってきて・・・と動的にページを生成するために表示時間がかかります。

WP Super Cacheを使うことで、この処理で生成されるページをあらかじめ静的なページ(HTMLファイル)として用意しておき、処理を高速化させるんです。

このサイトもWP Super Cacheを入れているので普通より高速化されています。

RentalSerberLabでもこのプラグインを使っていて、下記のページは画像も多くて重いページなのですが割と早く表示できていると思います。

このプラグインで高速表示できることを実感できるのではないかと思います。

インストール作業不要!ConoHaレンタルサーバーを使ったMinecraftマルチサーバーの簡単な立て方!!

新しいページを作成した時や、既存のページを更新した時は、プラグインの機能にキャッシュの削除が用意されているにで、キャッシュが残り続けて困ることもありません。

2.SNSシェアボタンを設置!AddToAny Share Buttons

ブログでよくあるTwitter、Facebook、はてなブックマークなどのシェアボタン

これを簡単に表示してくれるのがAddToAny Share Buttonsです。

記事の上、記事の下、ページの横など表示したい位置を決めることができたり、アイコンのサイズを調節できたりと便利です。

表示することのできるSNSの種類も豊富で、他のプラグインだとはてなブックマークがなかったりして困ることもあるのですが、AddToAny Share Buttonsではありませんでした。

3.SEO対策!All In One SEO Pack

ページのSEO対策、ページのインデックスの設定がまとめてできるプラグインがAll In One SEO Packです。

このプラグインを入れると、ページの説明や、TwitterやFacebookでシェアされた時に表示する画像などを設定する項目がWordPressの記事投稿画面に表示されるようになります。

記事ごとに設定が簡単にできるようになって作業の速度があがると思います。

4.SEO対策にサイトマップを送信!Google XML Sitemaps

googleの検索結果にきちんと表示されるためには、googleにサイトマップを表示する必要があります。

そのサイトマップ送信を自動でやってくれるようになるプラグインがGoogle XML Sitemapsです。

XML形式のサイトマップファイルを自動で生成してくれて、記事の投稿や更新をしたタイミングでそのファイルをgoogleに送信してくれます。

これがないと自分でXMLファイルを作って、送信も手動でしなければいけないので、絶対に入れておきたいプラグインです。

5.関連する記事を簡単に設置!Yet Another Related Posts Plugin

これも最初、どうやればいいか悩む方が多いのではないかと思いますが、ブログの最後の方によくある、「関連する記事はこちら!」や「この記事を見た人はこんな記事も読んでいます!」といった表示を自動でいれてくれるプラグインがこのYARPPです。

「関連する記事はこちら!」の部分のメッセージは好きなものを設定することができて、同じカテゴリーの記事だけ表示したい、このカテゴリーは表示させたくないなどの細かい設定もすることができます。

記事を見た後に他のページを見てもらうためにも入れておきたいプラグインです。

まとめ

もともと簡単にWebサイトを作れるWordPressですが、プラグインを使うことでいろいろなサイトで見かける便利な機能を簡単に入れることができます。

プラグインは入れすぎると処理が重くなったり、管理も大変になってしまうので必要最低限なものに絞って運用したいところですね。

他にもいろいろな種類があるのでいくつか試してみるのもおもしろいと思います。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です