ブログ、Webサイトを簡単に作ることが出来る無料ソフトウェアWordPress

レンタルサーバーにインストールしたら、ブラウザ上から操作することができます。

これがWordPressの管理画面です。

このサイトもWordPressで作っているので、WordPressを使えば最終的にはこういうページが作れるというわけです。

このページでは、まずはこの機能が使えれば大丈夫!というWordPressの基本的な使い方を解説していきます。

記事の内容
  • URLの設定
  • テーマの設定
  • ページの追加
  • メニューの設定
  • ウィジェットの設定



URLの設定

WordPressをインストールしてはじめてログインした時、まずはこの設定をしましょう。

レンタルサーバーの管理画面からSSLの設定をしただけでは、WordPressのサイトはきちんとhttpsアクセスできるようにはなっていません

メニューの[ツール]-[一般]をクリックして、設定画面を開きます。

ここではサイトのタイトル説明文URLが設定できます。

初期設定だとURLがhttp://になっているので、https://に変更して保存します。

テーマの設定

WordPressでサイトを作る時、全体のデザインをテーマというものから選択します。

テーマは多くの種類が無料で用意されていて、管理画面から選択して、インストールします。

テーマを変えるだけでサイトのデザインをいっきに変えることができます。

テーマの管理画面は、メニューの[外観]-[テーマ]をクリックして表示します。

今設定されているテーマ、インストールされてテーマの一覧を見ることができます。

気に入ったテーマがない時は、新しいテーマを探して追加します。

検索して気に入ったテーマが見つかったら、インストールボタンをクリック。

インストールされたら有効化というボタンが表示されるので、クリックしたらサイトにそのテーマが適用されます

ページの追加

次はサイトのこの部分、記事の投稿とページの追加の方法です。

[投稿]-[新規追加]をクリックしてページを管理する画面を表示します。

これがページの追加画面です。タイトルページの内容カテゴリアイキャッチ画像などを設定して作ることができます。

タイトルはここに入力します。

ページの内容はここです。

画像や動画を追加したいときはここをクリックします。

最後に公開ボタンをクリックしたらページの作成が完了します。

メニューの設定

サイトのこの部分、メニューの表示を変更することができます。

[外観]-[メニュー]をクリックし、メニューを管理する画面を表示します。

これがメニューの管理画面です。

固定ページでは別のメニューで作成したページのURLを、投稿ではページの追加で作成したページを、カスタムリンクでは好きなURLを、カテゴリーでは各ページに設定したカテゴリーをメニューとして登録することができます。

それぞれ必要な種類のメニューを追加し、最後にメニューの保存ボタンをクリックすれば設定完了です。

ウィジェットの設定

ウィジェットとはページの右側などに表示する項目です。

このサイトだと、運営者情報広告などを表示しているこの部分です。

メニューの[外観]-[ウィジェット]をクリックし、ウィジェットを管理する画面を表示します。

ウィジェットの管理画面です、カテゴリーや最新の投稿、月別の投稿などいろいろな情報を表示することができます。

左側に表示できるものの一覧があるので、これをドラッグ&ドロップで右側にある表示項目の欄に設定します。

左、右のサイドバーの表示の他、フッターに表示する内容もここで設定することができます。

まとめ

ここまでWordPressの基本的な使い方の解説をしました。

ここで紹介したページもいろいろと応用した使い方がありますし、他にも便利な機能がたくさんあります

WordPressはたくさんの人が使えるよう、説明書など少なく直感的に使えるようになっているので、初めて触る人でも使いやすいと思います。(もちろん複雑な機能もありますが。)

まずはここに記載した基本的な使い方を試してみながら、自分の好みのサイトを作るためにいろいろな機能をいじってみるのがよいかと思います。

WordPressを使ってみるのにおすすめなサーバーは以下の記事で解説しています。

WordPressを使うのにおすすめな高速レンタルサーバー『ConoHa WING』を解説!

SPONSORED LINK

One Thought on “WordPressの基本的な機能を解説”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です