【WordPress】レンタルサーバーの選び方|初心者向けサービスの比較まとめ(ConoHa WING|XSERVER|mixhost)

WordPressブログ初心者向けレンタルサーバー比較|(ConoHa|XSERVER|mixhost) サーバー&WordPress

このページでは、WordPressブログの運営に適したレンタルサーバーの中で、特に初心者におすすめのレンタルサーバー3社の比較と選び方のポイントをまとめています。(これまで5社のサービスを実際に利用してきた経験があります。)

国内にはレンタルサーバーサービスを提供する事業者が多くありますが、初めて使う方にはスペックの見方や各社の比較、どのサーバーを選べばよいか迷うことが多いと思います。

どのサーバーを選ぶかは、サーバーを何のために使うかによりますが、このページではWordPressブログをインストールして運営する目的で、これから初めてレンタルサーバーを使う人向けに、選び方のポイントとおすすめのレンタルサーバーの解説をしていきます。

ぼんやま
ぼんやま

レンタルサーバーの使い道や国内の主要サービスを知りたい方は以下のまとめ記事を見てくださいね!

選び方のポイント

レンタルサーバーは各社の公式サイトにいくとスペックや機能の一覧が記載されています。いろいろな項目が並んでいますが、以下の5つが重要なポイントになります。

1.クイックインストール・かんたんセットアップ機能

2.初期費用・価格

3.無料独自ドメイン・無料SSL

4.ディスク容量

5.高速化機能

クイックスタート・かんたんセットアップ機能

初心者向けに、レンタルサーバーの申込と同時にWordPressのインストールまで自動で行ってくれる機能です。この機能がない場合は、ドメインやSSL、WordPressのインストールを個別にやらなければいけないので手間がかかったり操作を間違えて上手くいかない場合があります。

初期費用・価格

レンタルサーバーは基本的には月額制ですが、申し込み時に初期費用がかかるサービスもあります。初期費用は結構高いこともあるので注意が必要です。初期費用がかからないサービスをなるべく選ぶことをおすすめします。

後は単純に月額コストの比較になりますが、一般的な個人向けのレンタルサーバーは月額1,000円前後が目安となります。100円台や500円くらいのサービスもありますが、これは必要な機能が削られていたり性能が悪かったりするのであまりおすすめしません。

無料独自ドメイン・無料SSL

WordPressブログを作る時に、サーバー以外のスペックとして重要になるのが無料ドメインと無料SSLです。無料独自ドメインは、通常はお名前.comなどで有料で手に入れるドメインを、サーバーとセットで無料で手に入れられるものを指しています。ドメインは値段でスペックが変わるものではないので、無料で手に入れられると費用を抑えることができます。

無料SSLは、WordPressブログをSSL化(安全な通信化)するために必要な機能です。以前は有料で手に入れるのが一般的でしたが近年は無料SSLを提供しているサービスが多いのと、SSL化はWordPressブログを運営する際に必須の設定なので、この機能が備わっているサービスを選びましょう。

ディスク容量

レンタルサーバーの基本スペックのひとつです。200GB前後が一般的なので、このくらいの容量があるものを選びましょう。容量全部を使うことはないと思いますが、将来的に複数のサイトを作ることになった場合にも役立つのと、WordPressの画像ファイルなどのバックアップ領域としても使えます。

高速化機能

最後のポイントは高速化機能です。Googleの検索結果に表示されるWebサイトの表示順に影響を与える要素のひとつとして、Webサイトの表示速度が含まれています。遅いサイトだと検索結果が落ちてみてもらえないサイトになってしまうので、高速なレンタルサーバーを選びましょう

スペック比較

今回は「初心者向けのWordPress利用のレンタルサーバー」という条件なので、初心者向けにおすすめの機能であるクイックスタート・かんたんセットアップ機能を提供している3社に絞ってスペックの比較をしていきます。

ConoHa WINGXSERVERmixhost
クイックスタート
かんたんセットアップ
初期費用0円3,000円0円
価格1,200円1,200円1,380円
無料ドメイン
無料SSL
ディスク容量SSD
250GB
SSD
200GB
SSD
250GB
高速化機能

比較してみると、XSERVERは初期費用がかかります。キャンペーンで0円になっていることもありますが基本は3,000円です。

次に無料ドメイン、これはConoHa WINGは「WINGパック」という3か月利用のセットプランを申し込んだ場合は無料ドメインがついてきます。XSERVERとmixhostは基本機能ではなくキャンペーン時に無料ドメインをつけることがあるため△としています。XSERVERとmixhostは最低利用が3か月からとWINGパックと変わらないので、WINGパックの方がお得です。

クイックインストール・かんたんセットアップについては各社機能を提供していますが、実はその機能の中身にちょっと違いがあります。

ConoHa WINGXSERVERmixhost
ドメイン設定
SSL設定
WordPress
インストール
WordPressプラグイン
インストール
WordPresテーマ
インストール

上記のように、ConoHa WINGは他2社と比較すると、WordPressを便利に使える専用プラグインと、デザインを設定してくれるWordPressテーマを選択してインストールする機能が付いているため、より初心者向けに便利になっています。機能の名前だけだと気づかないですが、このあたりも認識しておきましょう。

表示速度の性能

3社とも高速化の仕組みが備わっています。ConoHa WINGは高速なWebサーバーnginxに加えてコンテンツキャッシュ・ブラウザキャッシュの機能が、XSERVERも同じくnginxに加えて独自のエックスアクセラレータというキャッシュ機能、mixhostは他2社とは少し違う高速WebサーバーLitespeedを搭載していて、各社高速化を実現するためにいろいろな仕組みを導入しています。

実際の表示速度に関してはスペック同様にConoHa WINGが一番速いという結果が出ています、詳細は下の記事にまとめています。

まとめ

最後に3サービスをおすすめ順にまとめます。

1位 ConoHa WING

初期費用がなく、月額の料金も他社より安いため価格面で○。初心者向けの機能である「かんたんセットアップ」機能が他2社より充実しているのが大きなポイントです。Web性表示速度も速いため、迷った時はConoHa WINGを選べば間違いないです。

2位 mixhost

初期費用がなくディスク容量も多い、LiteSpeedという特殊なWebサーバーで高速化をしているところもポイントです。SSLも無料で利用できるので、mixhostも初心者向けのWordPresサーバーとしてはよいサーバーです。

3位 XSERVER

XSERVERは他2社とスペックでは互角ですが初期費用が設定されているのが若干のマイナスポイントと考えています。キャンペーン期間中であれば初期費用が無料になっていることがあるので、そのタイミングで申し込むのがよいでしょう。老舗のサーバーということで安定感があります。

以上がレンタルサーバーの選び方のポイントと、おすすめのサービス3社の比較でした。スペックとしてはConoHa WINGが頭ひとつ抜けていて、このサーバーを選べば間違いないと言えると思います。

XSERVERのようにキャンペーン期間中であれば無料ドメインや初期費用がかからないことがあるのでタイミングによっては価格が安く使うことができたり、mixhostはLitespeedという特殊なWebサーバーを使っていて面白いので、気になる方は各社のサイトをご確認ください。

一番おすすめのConoHa WINGでWordPressサイトを始める方法は以下のページでまとめています。

ぼんやま
ぼんやま

ぼくは「mixhost」「XSERVER」「Conoha WING」と順番に使ってきて、今はConoHa WINGを使っているよ!どれもよいサーバー!

タイトルとURLをコピーしました